医療【くろさわ病院】

医局 看護部 薬局
画像診断室 検査室 栄養管理室
医事課 診療情報管理室 リハビリテーションセンター
通所リハビリテーション 訪問リハビリステーション 鍼灸・マッサージ治療院


画像診断室
理念と目標
■理念
正確で迅速に画像診断情報を提供します。
■目標
中込施設建替に向け収入改善、技術向上に取り組みます。
■行動目標
@MRI・CTの件数増加を目指します。
B各装置の性能を最大限に活かしたより 質の高い画像診断情報を提供します。

特長
 私たち、画像診断室には、診療放射線技師(男性4名 女性2名)計6名のスタッフが常に最新の画像診断情報を提供すべく日々がんばっています。
医療診断を行うための重要な診療画像を正確に提供するため、様々な医療機器を用いて仕事をしております。特に大型医療機器ではマルチスライスCT装置やMRI装置を設置しており年間検査件数がCTで1700件、MRIで1800件の実績があり、近隣の病院・開業医さまからの依頼検査も行っています。他にも最新の骨粗鬆症の診断に不可欠な全身用骨密度測定装置、FPD透視装置、超音波、内視鏡、眼底撮影など、幅広い分野からの検査を行っております。また、つかばらクリニック、さなだクリニック、菅平高原クリニックなど他施設への応援や夜間・休日のオンコール体制など恵仁会の理念である「24時間の愛情」を基本にし、「安心」と「まごころ」のサービスを心がけております。


スタッフから一言
私たちは、医療における医療被曝の低減と個人情報保護に配慮し、更に患者さま、利用者さまを中心とした診療を施行しております。ご不明な点は御遠慮なくお申出ください。


装置の紹介


エックス線一般撮影装置(日立製)
主に胸部・腹部・四肢の撮影をします。
エックス線テレビ透視装置(日立製)
胃・嚥下検査・整形外科で使用します。
CR・イメージャー装置(コニカ・ミノルタ製)
エックス線フィルムの処理もデジタルになり現像処理もなくなりました。
マルチスライスCT(SIEMENS製)
全身画像を輪切り撮影や3D画像に描出することができます。最近は胸部検診にも使われています。
MRI装置(日立製)
マルチスライスCT同様全身の撮影をしますが放射線を使わないので安心です。
ポータブル・エックス線装置(島津製)
病室内でのエックス線撮影に使います。
全身用骨密度装置
精密な骨塩測定が出来ます
外科用イメージ(日立製)
主に整形外科系の手術に使用されます。
超音波検査装置(日立製)
主に腹部や心臓の検査に使われます。
消化器内視鏡装置(オリンパス製)
高精密画像で胃の検査をします。

©2007 Keijinkai