医療【くろさわ病院】

医局 看護部 薬局
画像診断室 検査室 栄養課
医事課 診療情報管理室 リハビリテーションセンター
通所リハビリテーション 訪問リハビリステーション 鍼灸・マッサージ治療院


薬局
理念と目標

■目標
わかりやすい服薬指導と薬の安全管理等の薬剤業務を通じて患者さまに貢献します。
■行動目標
@外来・病棟での服薬指導の充実、病棟での混注業務を実施します。
A医薬品安全管理に向けた取り組みをします。
B適切な医薬品管理とコスト意識により、建替に向けて病院経営に貢献します。
C全員が持てる力を発揮する・発揮できる組織にします。


人員構成:薬剤師4名、助手1名

患者様に安心してお薬をお飲みいただく為に、お薬の説明をしたり、患者様が服用しやすいように
1回服用分を一包化したり、粉末、液剤などを選択し、正確な調剤を心がけています。



主な業務内容
1)調剤業務(医師の処方箋に基づき、各種薬剤を調製します)
当院の薬局における業務では調剤が占める割合が一番大きいものとなっています。
午前中は主に外来患者様の調剤を行い、午後からは病棟患者様や併設の老人保健施設の入所者様等の調剤や注射薬の払い出しを行っています。また、希望される患者様には一包化調剤(服用する時間が同じお薬を一つの袋に入れてわかりやすくする)をするようにしています。
また、薬剤の有効性・安全性を確保するため患者様の薬歴をコンピューターで管理したり、患者様へのお薬は説明書はコンピューターを使って発行しています。

2)病棟服薬指導業務
当院では服薬指導を必要と認める入院患者に対し薬剤師がベッドサイドに出向いて薬の効果や服薬量、服用回数、副作用に関することを説明・管理しています。

3)医薬品情報管理業務(DI業務)
薬局では、医師や病棟・関連施設等の職員からの薬に関する質疑応答、製薬会社の医薬品情報の整理・発信、入院患者様の持参薬監査ならびに、院内採用薬との照合や医薬品情報の発行(毎月1回)、院内学習会の開催などを行っています。

4)待ち時間対策への取り組み
薬局では、QC活動の一環として毎年行っている調剤待ち時間調査を通して待ち時間を減らすように取り組んでいます。待ち時間対策の一つとして院外処方箋をお勧めしています。かかりつけの薬局等をお待ちで院外処方箋を希望される方はお気軽にお申出ください。

お薬に関してご質問がありましたらお気軽に薬剤師にお尋ねください。






©2007 Keijinkai