医療【くろさわ病院】

診療案内
整形外科

院長
黒澤 一也(くろさわ かずや)


(平成7年 北里大卒)北里大学医学部助手(学外出向)
【資格】日本整形外科学会専門医、同スポーツ医、同リウマチ医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医、同産業医、身体障害者福祉法第15条指定医、義肢装具判定医、温泉療法医、ACLSインストラクター
【所属学会・研究会・団体】日本整形外科学会、日本臨床整形外科医会、日本リハビリテーション医学会、日本股関節学会、日本骨折治療学会、日本救急医学会、日本骨粗鬆症学会、日本温泉気候物理学会、日本臨床スポーツ医学会、新潟整形外科研究会、AOAA、長野県日体協公認スポーツドクター協議会、HEQ研究会、長野県アマチュアボクシング連盟(副会長・医事委員長)、佐久平バレーボール協会(顧問)、みまき福祉会(理事)


非常勤医師
木村 康成(きむら やすなり)


 昭和49年 昭和大卒)木村医院分院
 【資格】日本整形外科学会専門医
 その他非常勤医師
  林 英俊(平成3年 日本医大卒)
佐久平整形外科クリニック
 【資格】日本整形外科学会専門医、同スポーツ医、
   日本体育協会公認スポーツドクター

  相澤 充(あいざわ みつる)
  井上 翔(いのうえ しょう)
(平成25年 北里大卒)






特長

 当院の整形外科ではあらゆる整形外科疾患の診断、治療を行っております。診断については十分な診察とあらゆる検査機器を駆使して的確な診断をし、十分な説明のもと患者さまのニーズに合わせた治療を提供できるよう努力しています。また当院では診断困難、治療困難なケースに関してはそれぞれの病態・疾患に応じて適切な医療機関をご紹介致します。さらに当院での診断・治療について他の医師の意見を聞きたい場合には、セカンドオピニオンとして適切な医師をご紹介致します。また当院でもセカンドオピニオンの受け入れをしております。

<当院からの主な紹介先>
(1) 佐久総合病院整形外科(黒佐 義郎医長)→手術が必要な脊椎疾患、重症外傷など
(2) 佐久総合病院神経内科(田畑 賢一医長)→神経筋電図検査依頼
(3) 佐久平整形外科クリニック(林 英俊院長)→関節疾患(特に膝前十字靱帯損傷、肩関節疾患)
(4) 国保依田窪病院(三澤 弘道院長)→手術が必要な脊椎疾患

<当院への主な紹介元>
(1) 佐久平整形外科クリニック→手術が必要な関節疾患(同院医師が執刀)、入院を要する患者さまなど
(2) 木村医院分院→手術が必要な骨折などの外傷・拘厄神経疾患・腱鞘炎、入院が必要な脊椎疾患など


当院整形外科で行われる検査

当院には以下の検査機器があります。

X線撮影装置・・・単純レントゲンを撮影します。 
X線透視装置・・・画面を見ながら、脊髄腔造影検査、ブロック注射や骨折の整復を行ったりします。
骨密度測定器・・・当院では手首(橈骨遠位端)で測定します。
CT検査・・・骨のあらゆる状態をみたり、軟部組織の状態もみることができます。
MRI検査・・・X線、CTで見えないような軟部組織(筋、椎間板、半月板、靱帯)の状態がみることができます。
超音波検査・・・非侵襲的検査として筋・靱帯などの軟部組織損傷を主にみます。
重心動揺計・足底圧測定・・・体のゆれ具合や、足の床への付き方などをみます。
脈波図・・・動脈硬化の指標が測定できます。
下肢筋力測定装置・・・太ももの筋力を測定します。


当院整形外科における治療の方針

あらゆる整形外科疾患は、まず保存的治療の適応がある疾患に対しては基本的に保存的治療を優先的に行い、保存的治療が無効な場合に手術治療を選択する場合があります。また疾患によっては手術療法が第1選択になる場合もあります。  治療方法については保存的でも手術的でもどちらの場合でも、医師から必ず十分な説明をし、患者さまの同意を得て行います(インフォームド・コンセント)。  ご自分のかかっている病気について不明な点がある場合には、お気軽にお尋ねください。


当院整形外科で行われている手術

外科手術 当院では骨折、関節疾患を中心に年間250件以上の手術を行っております(手術内容については別表参照)。骨折においては高齢者の骨折を中心に、早期離床・早期リハビリを目的に手術可能な患者さまに対して手術を行っております。また佐久平整形外科クリニックと連携し、手術患者を受け入れ同院医師による手術も行っております。


リハビリテーションについて

外科手術当院ではリハビリテーションを治療の中心として行っております。特に整形外科においては術後の患者さまに対してだけでなく、急性期から慢性期にわたる各種疾患に対してもリハビリを行っております。整形外科に対しては、理学療法士による筋力訓練・関節の可動域訓練・歩行訓練、作業療法士による様々な日常生活訓練、また鍼灸・マッサージ師による鍼灸・マッサージなどが行われております。  また当院では脳卒中などの内科疾患に対しても同様のリハビリを行っております。特に脳梗塞・加齢による嚥下障害に対しては言語療法士が内科医師・栄養士とタイアップしビデオ嚥下造影検査を行い、その結果に基づき摂食機能訓練を行ったり、食事形態を工夫したりしています。更に嚥下障害にて口から食べることのできない患者さまについては経皮的胃ろう造設術(PEG)を行い、適切な栄養補給を行いながらリハビリを実施することもあります。

当院ではリハビリテーションを行うにあたって、入院患者さまを対象の中心に、毎週多職種でカンファレンスを行っております。カンファレンスで医師・リハスタッフ・看護師等が連携を取りニーズにあったリハビリを提供していく努力をしております。

【リハビリ対象疾患】
各種外傷:打撲・捻挫・脱臼・骨折・肉離れ(保存的または手術的治療)など
慢性疼痛性疾患:腰痛症(変形性腰椎症、椎間板ヘルニア、分離すべり症など)、変形性膝関節症、五十肩(肩関節周囲炎)、頚肩腕症候群(肩こり)、頚椎症、変形性股関節症など 
スポーツ外傷:膝内障(半月板損傷、靱帯損傷)、ジャンパー膝、オスグッド病、筋筋膜性腰痛など
内科疾患:脳卒中、言語・嚥下障害、神経変性疾患、廃用症候群など


水中運動について

外科手術当院にはケイジン健康運動センターが併設されています。センターには25m×3コースの温水プール、ジャグジー、サウナ、温泉、ジムがあります。またセンター内で鍼灸・マッサージ師による疼痛緩和療法も行っております。センターでは水中運動を適切に実施できるよう健康運動指導士による各種教室や、個別指導を行っております。個別指導については主治医から「アクアリハビリテーション処方箋」を処方してもらい、主治医と健康運動指導士、そしてリハビリテーションセンターのスタッフが連携して水中運動を実施します。

水中運動には浮力による関節への負担軽減、水圧による循環改善、水の抵抗による筋力アップなどの効果があり、当院の調査では整形外科疾患において痛みが半減することがわかっています。


当院整形外科におけるデータ収集・学会発表、レポート等

当院では薬剤会社や学会が主導し、実際に市販されているお薬を患者さまに処方し飲んで頂きその効果を調べたり、様々な調査をして治療の効果を調べる「治験」を行っております。治験はその治療が本当に効果があるのかどうかを調べる大事な調査です。治験を行うにあたっては当院倫理委員会の承認をもらって実施します。また医師から説明用紙を使って詳しく説明し、それを患者さまに理解して頂き、同意書の記入をお願いしております。患者さまは途中で辞退することも可能です。

当院としては有効な治療を患者さまに提供できるよう治験を行っていきたいと思いますので、御協力をお願い申し上げます。

【現在整形外科で実施中の治験】

(1)「骨粗鬆症に対する多剤併用療法の有効性に関する多施設共同ランダム化比較臨床研究−脊椎椎体圧迫骨折予防効果を指標とするアレンドロネートと活性型ビタミンD3の併用効果−」日本骨粗鬆症学会/A-TOP研究会主導(2004年5月〜)
(2)「入浴習慣と介護保険受給者数・とくに温泉浴の影響について」日本温泉気候物理学会主導(2004年12月〜)


当院整形外科で実施している治験

当院整形外科では、患者さまに御協力頂き、当院での主な疾患に対してデータを収集し、その疾患の特性や治療効果の判定等を行い、その結果を様々な学会で発表しています。データを収集・分析、また発表することで当院での治療方法が一般的なものであり、その結果が水準以上であるかを見極めることができます。当然これには患者さまの御協力が必要ですので、この際にも同意を得てデータ収集・発表させて頂きたいと思っております。

【主な学会発表】
(1) 平成14年7月13日:「当院における大腿骨頚部内側骨折の手術法の検討」(第170回新潟整形外科研究会にて口演発表)
(2)平成14年9月14日:「当院におけるPEGの適応と摂食機能訓練の関わりについて」(第7回HEQ研究会にて口演発表)
(3) 平成15年8月2日:「骨折部に充填されたリン酸カルシウムペーストが関連したと思われる大腿骨頚部内側骨折偽関節の1例」(第29回日本骨折治療学会にて口演発表)
(4)平成16年6月3日:「整形外科疾患に対する水中運動の効果」(第41回日本リハビリテーション学会にて口演発表)
(5)平成16年10月30日:「菅平高原におけるスポーツ救急医療」(第15回日本臨床スポーツ医学会学術集会にてポスター発表)
(6)平成17年6月17日:「股関節疾患に対する水中運動の効果」(第回日本リハビリテーション学会にて口演発表)
(7)平成17年6月18日:「高齢者施設における骨折発生状況の検討」(第回日本リハビリテーション学会にて口演発表)

【主な論文発表】
(1) 新潟整形外科研究会誌(Vol.20 No.1 2004):「当院における大腿骨頚部内側骨折の手術法の検討」黒澤 一也
(2) 在宅医療と内視鏡治療(46 Vol.7 No.1 2003):「当院におけるPEGの適応と摂食機能訓練の関わりについて」黒澤 一也 黒澤 恵子
(3) 骨折(Vol.26 No.2 2004)「骨折部に充填されたリン酸カルシウムペーストが関連したと思われる大腿骨頚部内側骨折偽関節の1例」黒澤 一也

【レポート】
<股関節鏡手術見学レポート>
<3rdAO Hand courseに参加して>


代表的な疾患

<変形性膝関節症>
<腰痛疾患>
 (1)筋筋膜性腰痛
 (2)腰椎椎間板ヘルニア
 (3)分離症・すべり症
 (4)変形性腰椎症
 (5)側弯症
 (6)胸腰椎圧迫骨折・骨粗鬆症
<五十肩>
<肩こり>
<手のしびれ>
 (1)脳血管疾患(脳梗塞など)
 (2)頸椎症
 (3)胸郭出口症候群
 (4)肘部管症候群
 (5)手根管症候群
<大腿骨頚部骨折>
 (1)大腿骨頚部内側骨折
 (2)大腿骨頚部外側骨折
<膝内障>
<足関節捻挫>
<橈骨遠位端骨折>
<骨粗鬆症>
<股関節の痛みについて>


骨折の手術治療について(AO法の紹介)

外科手術骨折の治療には保存的治療と手術的治療があります。それぞれの適応は以下の通りです。

〔保存的治療〕骨折部に転位(ずれ)がない場合、転位があっても外からの整復により正常な位置に戻り安定している場合など→シーネ(副木)やギプスなどによって固定します。

〔手術的治療〕骨折部に転位があり整復できない場合、不安定な場合、関節内骨折で転位が大きい場合、開放性骨折(傷の外に骨折部が飛び出してしまう)の場合、手術をした方が早く社会復帰できる・リハビリができる場合→様々な方法で骨折部を固定します。骨折部を固定する金具(インプラント)には様々なものがあります。例えばプレート・スクリュー、ワイヤー(針金)、髄内釘、創外固定などがあります。骨折治療においては、こういったインプラントを適切に選択し、適切な手技で使用しなければなりません。そのための教育方法として「AO法」という方法があります。

 AO/ASIFとは、骨折外傷の治療について研究し、治療の原則を打ち出したりインプラントの開発を行っている団体で、本部はスイスのダボス(真田町の友好都市)にあります。ほとんど全ての骨折外傷に対してAO法が存在し、その数は膨大で全てを覚えるのは困難であるが、その基礎となる原則がありこれを理解する必要があります。その詳細についてはAO関連のテキストに記載されています(当院にも何冊かあります)。

またAOコースといって、医師・看護師向けに国内外にてセミナーを行っています。当院では積極的にAOコースに参加し、その知識・技術を習得し日常の骨折治療に役立てています。また当院黒澤一也医師は各種AOコースを修了し、現在AOAA Japan Chapter(AOアドバンスコース修了後でないと入会できない世界的AO組織の日本支部)に所属しており、AOコースにテーブルインストラクターで参加しております。

今後もAO法を元に適切な骨折治療を心がけていきたいと思います。

【AOコース参加者】
黒澤 一也医師:Basic,Yokohama(1996年)、Basic,Davos(1999)、Advance,Yokohama(2002)、Nurse Course,Yokohama,Table instructor(2005)
高地 淳子看護師:Nurse Course,Yokohama(2005)
瀬尾 奈奈看護師:Nurse Course,Yokohama(2005)




©2007 Keijinkai